ガラナの効果・効能

2015年10月08日 06:08

ガラナは、大昔から熱帯雨林の原住民に食されおり、精力剤に含まれることの多い成分のひとつです。
このルーツは非常に古く、ブラジル熱帯雨林の原住民の間では何千年も昔から食されてきたと言われています。
ガラナは原種のものだと高さ20メートルくらいにまで成長し、7~8月に白い花を咲かせ、洋梨のような形をした緑色の実をつけます。 これが熟すにつれて徐々に赤くなっていき、最後には果皮が割れて種子が飛び出してきます。
しかし、この種子はそのままではまだ食すことができず、茶色く変色するまで焙煎しなければなりません。
ガラナに含まれる主な成分は、カフェイン、有機酸、タンニン、粘物質、サポニン、アルカロイドなどですが、これらの成分の中でカフェインはコーヒーや緑茶などにも含まれるものですが、ガラナに含まれるカフェインはそれらに含まれるものとは違って、時間をかけてゆっくり吸収されます。
そのため、ガラナを摂取してカフェインの中毒を起こすというような心配はありません。
ガラナの効果・効能には、疲労回復、肩こりの解消、喘息の抑制、動脈硬化の予防、鎮痛作用、利尿作用、ストレスやうつの緩和など、肉体的な機能を向上させて疲労も回復しやすくするので、スポーツをする方にもオススメです。また、脂肪を燃焼しやすくもしてくれるのでダイエットしたい方にもぴったりです。
精力剤と男性専用クリックの比較